神奈川・東京の入管手続き申請代行いたします
入管手続き代行受付けサイト

行政書士山口陽一事務所
〒250-0106 神奈川県南足柄市怒田1142-8
FAX 0465-73-4658
E-mail info@passport-kanagawa.com
URL:http://passport-kanagawa.com

神奈川・東京の入管手続き申請サポート致しますHEADLINE

ビザ申請などのご相談・お手続きサポート承ります

定住者ビザとは

定住者ビザとは、法務大臣が個々の外国人について特別な理由を考慮して居住を認めるのが相当である外国人を受け入れるために設けられたものです。定住者ビザには、告示によって定められている告示定住と、告示には定められていない告示外定住の二つの種類があります。
ここでは、告示外定住への変更についてご説明します。

定住者ビザへの変更 〜よくある事例〜

事例その1 日本人配偶者と離婚後も日本で暮らしていきたい
日本人夫または妻と離婚後も、本国へ帰国せずに日本で暮らしていきたい場合。

事例その2 日本人配偶者と死別後も日本で暮らしていきたい
日本人夫または妻と死別後も、本国へ帰国せずに日本で暮らしていきたい場合。

事例その3 日本人の子どもを養育する
日本人配偶者と離婚後、日本人との間に授かった子どもを引き取り、日本で養育を続けていく場合。または、未婚で日本人の子どもを育てていく場合など。

定住者ビザへの変更 お気軽にご相談下さい

 日本に住んでいる外国人の方が日本人と恋愛をし、結婚をすることはとても自然な事だと思いますし、また価値観の不一致などで離婚をしてしまうことも、もちろんある事だと思います。ただ、外国人の方の安定した在留の面から見ると、離婚をしてしまうことで該当する在留資格(ビザ)が無くなった場合、日本で生活していく事が出来なくなる可能性もあり、本国への帰国を考えなければいけない問題に直面します。

 「日本人の配偶者等」のビザから、離婚をした場合は、どれか他のビザに変更しなければ日本での生活を続けていくことが出来ません。大学等を卒業されていたら就労ビザへの変更も考える事が出来ますが、学歴等が特にない場合、変更が考えられるビザとして「定住者ビザ」というのがあります。このビザへの変更を希望する場合は、今後も日本で生活を続けていきたい「特別な理由」がある事を法務大臣に対して十分に説明をする必要があります。許可へのハードルは高く難しい申請となります。

定住者ビザへの変更 当事務所のサポート料金


着手金 成功報酬 合計報酬額
40,000円 40,000円 80,000円

※消費税・交通費等実費につきましては別途加算となります


ご相談、申請代行のご希望の方は、以下のフォームからお問い合わせください。

                  お問い合わせ


ナビゲーション

トップページ 事務所概要 在留資格 入国手続きについて 在留カードについて ビザ更新について ビザ変更について 再入国許可について 資格外活動許可について 転職したとき 料金のご案内 手続きの流れ
プライバシーポリシー